健康

コラーゲンを食品から摂取する

コラーゲンが多く含まれている食材には鶏肉の軟骨やゼリー、すっぽんなど食材でも様々なものに特に多く含まれています。
特に手軽にとれるものとして有名なのは、鮭の皮やお寿司のサーモンなのですがこういったお刺身や生物にはコラーゲンが壊れずにたくさん入っているので、美味しく食べられます。
ですから酒を食べた時には、この鮭の皮も一緒に食べるようにするとそれだけでコラーゲンが摂れますし、お寿司を食べる時にも出来るだけコラーゲンが含まれているサーモンやえんがわなどを注文するなどしてたくさん摂取することを意識するようにしたいものです。

それからコラーゲンはゼリーの原料ともなるゼラチンにも多く含まれていますから食事のあとのデザートに手作りゼリーを食べるなどして、出来るだけ普段の食事で積極的に摂るように心がけてみましょう。
それでも足りない部分はサプリメントなどで補いますが、普段の食事からでも少量のコラーゲンを摂る事は可能ですので、ご自分でネットなどで調べてみてどんな食材に入ってるかを探してみるのもいいでしょう。
このように食材から必要量を摂るのは、少し難しいのですがサプリやゼリータイプのものでも十分に補えますので肌の衰えを感じたらしっかりと摂るようにしたいものですね。